徳島県上勝町から新鮮なお野菜をお届けします

kamikatsu_yasai005
2015年、上勝町の山の中で、山から流れるきれいな水と土から
化学肥料を使わない農業をひとりで始めました。
草や有機肥料から土を作りできるだけ自然の力で野菜を栽培しています。

長い間、街の生活をしていました。
世界のどこかで戦争がおこっても、
原子力発電所が爆発しても、
温暖化で異常気象で人々が食べる物がなくても
自分は同じように大量のものを消費しながら、
ぐるぐる日々を送る。。。

そして、ふとしたきっかけで自然の中で農業をしながら生活する事になりました。

夏の早朝、蜜蜂達がぶんぶんいう中、
きゅうり畑で生まれてはじめてきゅうりの収穫をしているとき、
可愛い黄色の花の中くるくるときゅうり達は宇宙に向かって
ツルを伸ばして元気に生きていました。
近年の農業は、経済性を求めるあまり、
植物自体の力や、土、微生物を無視し、
化学農薬で全て解決しようとする農業になりました。
何度も化学農薬を散布する中、多種多様な土の中の微生物が死滅し、
環境を破壊しながら、大量生産し続け、結局土壌自体が死滅した状態で、
そこから作り出される作物は栄養のない力のないものになりました。
石ころを拾い、草をひき、落ち葉や茅や自然の堆肥を
入れてたくさんの虫や微生物の住む土を作っています。
手間はかかりますが、本来の栄養がある野菜達が
元気に育っていくのを見るのはとても幸せな作業です。
生きているっていうことはこういうことか、と思います。

メルモちゃんの赤いキャンディー、青いキャンディーは
大人になったり赤ちゃんになったりしたけど、
この野菜達を食べると、戦争も環境破壊も殺人もそういうものを全て忘れ、
代わりに花を植え、野菜を育て、飢えている人々に分け与える事が
自分の仕事だと思う人に変身するみたいな、そういう野菜が作れるといいな。

“夢見てた不思議な世界にまた今日もつれてって♪”と幸せを運ぶ人が増えて行きます。
そして、きらきら光る星や、風、流れる雲、波打つ草の情景が思い浮かぶ。
そしていつのまにかそういう場所に立っている。

上勝町の山の中からそういうことを夢見ています。