徳島県上勝町から新鮮なお野菜をお届けします

9月の長雨も終わり、遅れに遅れている太陽熱消毒をしてみました。
これは、バチルス菌と酵母菌で、土壌を消毒すると同時に土壌の団粒化を菌が出す二酸化炭素によって、形成するものです。

バチルス菌は納豆と豆乳とさとうきび糖で作ります。
酵母菌はイーストとさとうきび糖で作ります。どちらも一日以内に使います。酸素を供給する為に金魚の浴槽に使う酸素ポンプでエアレーションなどもしたりしました。

菌の材料
菌の材料

バチルス菌と酵母菌
バチルス菌と酵母菌

水で薄めて、各畝にジョウロで散布しました。その上から隣町のみかん農家さんからいただいたハウスの不用ののビニールを全面にかけて行きます。端々を空気が漏れないように土でおさえてふさいでいきました。塞いでいる間にも土の中からなにかぱちぱちと音がしてきました。菌達が活動をはじめているのかなと想像したりしました。
処理中
処理中

本当は、気温の高い8月頃にこれをやるのですが、9月にやろうと思った所、長雨でのびてしまい、結局10月まで伸びてしまいました。積算温度が900度必用なので、今の時期どうかなと思いますが、失敗してもいいのでやってみたのでした。一ヶ月後が楽しみです。

白いビニールが覆われた圃場は人工的ですがきれいだなと思いました。
初めての作業でしたが、農作業に慣れられたシノGが協力してくれ、半日で済みました。ありがとうございました。

養生処理準備完了
養生処理準備完了

これで大枚はたいて購入した青森六片のにんにくと、育苗中のたまねぎが上手くいくことを願います。

朝トラックの荷台をみると、柿の贈り物が。お餅とか、人参とか、たまに置いてある。お猿かな?本当にありがたいです。
朝トラックの荷台をみると、柿の贈り物が。お餅とか、人参とか、たまに置いてある。お猿かな?本当にありがたいです。

菌ちゃんよろしく頑張ってくだされ!!!

カテゴリー: blog